2015年9月29日

スーパームーン 2015

a6000を買ってから、いつか撮ってみたい!と思っていたお月様。

白くボンヤリとしている月じゃなくて、クレーターなんかも写ってるちゃんとしたお月様を!って事で、事前に綺麗に撮れる設定を調べて、スーパームーンを撮影してみました。

月を撮る時の設定



自分で設定を試行錯誤するのも良かったのですが、私が外にいると自分も(コンデジで)撮る!と息子も外に出てきちゃうのでのんびり撮影はちょっと無理。という事もあり、設定は以下を参考にさせていただきました。(息子、小学2年生)

誰でも簡単!デジカメでスーパームーンを撮ってみよう![満月撮影]
-- studio9 より

レンズはダブルズームキットのSEL55210で手持ち撮影。

まず、モードダイヤルを「M」にして、絞り・シャッタースピード、ISOは「F8、1/800秒、ISO400」の上記サイトの指示通りに設定。

うまく撮れるかな?

a6000 SEL55210 ※加工あり

こちらは撮影後にトリミングして画像加工ソフトでちょっとシャープにしました。クレーター、ちゃんと写ってるね~。

オリジナル

加工前はこちら。最大ズームにしてもこれが精一杯です。

実は昨日の中秋の名月も雲の合間から数枚撮影しましたが、この時はPモードで露出補正(-1)をしただけ。後からどんな設定になっていたのか確認してみると、F6.3、1/400、ISO500~800で撮っていたみたいです。

キットレンズでもこんなに綺麗に取れるなんて!!

調子に乗って、いつかは天の川を撮りたいな~なんて妄想しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿